診療案内  
  翼状片手術    
     
 

Essential SLCAT

   
 

従来、翼状片の再発防止を確実にするための極低濃度(0.01~0.02%)マイトマイシンCの術中短時間塗布(1~3分)を併用してきました(Conventional SLCAT)が、5~10年の経過観察の結果、マイトマイシンCの使用はかならずしも必要ないという結論にいたり、2017年8月現在、新しい方法(Essential SLCAT)で行っております。

   
     
 

新しい方法

Essential SLCAT(Separate Limbal-conjunctival Autograft Transplantation、エッセンシャル・エスエルキャット)

   
     
   
   
     
 

従来の方法

Conventional SLCAT(Separate Limbal-conjunctival Autograft Transplantation、コンヴェンショナル・エスエルキャット)

   
     
   

従来の方法について

   
     

診療時間

月・水・金
9:00~12:00 14:00~17:00
火・木・土
9:00~12:00
〒895-0023
鹿児島県薩摩川内市横馬場町6-3
TEL:0996-23-3336(代)

スタッフ紹介 季節ごとに コメントを更新! 翼状片のセカンドオピニオン