学会発表・論文  
     
  学会発表    
       
 
2010年~  
   
 
発表年月 演題名
第○回 学会名 開催地  
   
2010年
9月
多発翼状片に対する両眼同時手術
第226回 鹿児島眼科集談会 鹿児島西千石第一生命ビル  
2010年
11月13日
黄斑円孔閉鎖に硝子体手術後3ヶ月を要した症例の閉鎖過程
(川野浩輝 平川沙弥香 松本時子 仙石昭仁 武田憲治 山中一郎 藤澤公彦 石橋達朗)
第64回 日本臨床眼科学会 神戸国際会議場、神戸市  
2011年
5月
パソコンを使った診療状況表示システムによる待ち時間対策
第81回 九州眼科学会 市町村自治会館、沖縄県那覇市  
2011年
10月9日
特発性黄斑円孔手術翌日に詳細な黄斑形態が観察できた症例についての検討
(川野浩輝 山下敏史 園田恭志 山切啓太 坂本泰二)
第65回 日本臨床眼科学会 東京国際フォーラム、東京都  
2012年
2月
術中に360度ゲージを使わないトーリックIOLの軸決め法
第232回 鹿児島眼科集談会 鹿児島県医師会館、鹿児島市  
2012年
5月
Primary Pterygium Surgery by Separate Limbal-conjunctival Autograft transplantation from Inferior Conjunctiva
  2012 ARVO (The Association for Research in Vision and Ophthalmology) Annual Meeting
(Hiroki Kawano, Koji Kawano, Taiji Sakamoto)
Fort Lauderdale, Florida, USA  
2012年
6月
レーザーによる人工的角膜上皮剥離を利用したトーリックIOLの軸決め法
第27回 JSCRS学術総会 東京国際フォーラム、東京  
2012年
10月27日
真性多血症の関与が疑われた再発翼状片の術後に止血困難を呈した一例
(川野浩輝 吉永就正 内野英輔 坂本泰二)
第66回 日本臨床眼科学会 国立京都国際会館、京都  
2012年
11月17日
Primary Pterygium Surgery by Separate Limbal-conjunctival Autograft transplantation from Inferior Conjunctiva
(Hiroki Kawano)
The fifth Joint Meeting of JAPAN-CHINA-KOREA ophthalmologists ホテル日航福岡、福岡  
2012年
12月1日
Inverted ILM Flap Technique手術を行った大型黄斑円孔の半年後の経過についての検討
(川野浩輝 山下敏史 山切啓太 坂本泰二)
第51回 日本網膜硝子体学会総会 甲府富士屋ホテル、山梨県甲府市  
2013年
2月
ニキビダニが寄生した眼瞼縁炎の症例
第236回 鹿児島眼科集談会 鹿児島県医師会館、鹿児島市  
2013年
4月5日
細胞外ヒストンはDAMPとして網膜剥離に関わる
(川野浩輝 伊藤隆史 丸山征郎 坂本泰二)
第117回 日本眼科学会総会 東京国際フォーラム、東京都  
2013年
5月
The role of extracellular histones in retinal detachment
(Hiroki Kawano, Takashi Ito, Ikuro Maruyama, Taiji Sakamoto)
Post-operative hemorrhage after vitrectomy for proliferative diabetic retinopathy with or without pre-surgical intravitreal bevacizumab
(Sumihiro Kawano)
2013 ARVO (The Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting) Seattle, WA, USA
今年のARVO学会は米国シアトルで行われ、兄弟での参加となりました。勉強も観光も充実しており、楽しく過ごせました。来年はフロリダ州オーランドで予定されています。
2013年
5月
広角観察システムとシャンデリア照明を用い経強膜網膜復位術を行った1例
(川野純廣,山下敏史,坂本泰二)
第83回 九州眼科学会 くまもと県民交流館パレア、熊本市  
2013年
9月13日
The role of extracellular histones in retinal detachment
(Hiroki Kawano, Takashi Ito, Ikuro Maruyama, Teruto Hashiguchi, Taiji Sakamoto)
The Sixth Joint Meeting of CHINA-JAPAN-KOREA ophthalmologists Xiamen, China  
2013年
12月6日
Vitreous body neutralize the toxicity of extracellular Histones
(Hiroki Kawano, Takashi Ito, Ikuro Maruyama, Teruto Hashiguchi, Taiji Sakamoto)
APVRS (Asia-pacific vireo retina society) Congress 2013 名古屋国際会議場、名古屋  
2014年
4月4日
Hyaluronan in the vitreous body neutralize the toxicity of extracellular histones: Possible problem of vitrectomy
(Hiroki Kawano, Takashi Ito, Ikuro Maruyama, Teruto Hashiguchi, Taiji Sakamoto)
World Ophthalmology Congress (WOC) 2014 Tokyo, Japan  
2014年
5月5日
The use of hyaluronan in phacoemulsification protects human corneal endothelial cells from the noxious effect of extracellular histones.
(Hiroki Kawano, Takashi Ito, Ikuro Maruyama, Teruto Hashiguchi, Kazunori, Miyata, Taiji Sakamoto)
ARVO 2014 Orlando, Florida, USA  
2014年
9月13日
抗VEGF薬の長期管理を考える~管理に苦慮した症例から~
(川野浩輝)
第14回 九州黄斑疾患研究会 ホテルニューオータニ―博多、福岡  
2014年
11月
細隙灯顕微鏡写真を得るためのスマートフォンアタッチメントの作製
(川野純廣)
第68回 日本臨床眼科学会 神戸国際展示場、神戸  
2014年
11月1日
Hyaluronan protects corneal endothelial cells against the noxious effect of extracellular histones after phacoemulsification
(Hiroki Kawano, Taiji Sakamoto, Takashi Ito, Kazunori Miyata)
The 7th Joint Meeting of KOREA-CHINA-JAPAN ophthalmologists KINTEX, Korea  
2014年
11月29日
原田病におけるOCT画像2値化によるステロイド大量療法前後の脈絡膜管腔像の変化
(川野浩輝 園田祥三 白澤和歌子 中尾久美子 迫口智紀 富田将利 岩田一大 坂本泰二(鹿児島大学) 丸子一朗 飯田知弘(東京女子医大))
第31回 日本眼循環学会 大阪国際会議場、大阪  
2015年
2月
水疱性角膜症に対してガンダーソン手術を行った一例
第244回 鹿児島眼科集談会 鹿児島県医師会館、鹿児島市  
2015年
2月16日
Hyaluronan protection of corneal endothelial cells against extracellular histones after phacoemulsification
(Hiroki Kawano)
Asia-ARVO 2015 Yokohama, Japan  
2015年
2月19日
Toxic effects of extracellular histones and their neutralization by vitreous in retinal detachment
(Hiroki Kawano)
Asia-ARVO 2015 Yokohama  
2015年
4月16日
超音波乳化吸引術により生じるヒストンに対するヒアルロン酸の角膜内皮細胞保護作用
(川野浩輝 宮田和典 坂本泰二)
第119回 日本眼科学会総会 札幌市教育文化会館、北海道  
2015年
5月7日
Choroidal Structural Changes in Vogt-Koyanagi-Harada disease after treatment determined by Binarization of EDI-OCT images
(Hiroki Kawano, Taiji Sakamoto, Shozo Sonoda, Ichiro Maruko, Tomohiro Iida)
ARVO 2015 Denver, Colorado, USA  
2015年
5月30日
早期診断により保存的加療が可能であったListeria monocytogenesによる眼内炎の一例
(川野浩輝 棈松徳子 中尾久美子 坂本泰二)
第85回 九州眼科学会 鹿児島県医師会館、鹿児島  
2015年
10月23日
2階調化による網膜色素変性患者の脈絡膜構造解析
(川野浩輝 園田祥三 坂本泰二)
第69回 日本臨床眼科学会 名古屋国際会議場、愛知  
2015年
11月28日
硝子体に炎症が波及した角膜感染症の一例
(川野浩輝 椎原紗圭 棈松泰子 内野英輔)
第1回 九州角膜フォーラム 電気ビル共創館、福岡  
2016年
2月13日
2階調化による網膜色素変性患者の脈絡膜構造解析
(川野浩輝 園田祥三 有村 昇 山下高明 坂本泰二)
第248回 鹿児島眼科集談会 鹿児島県医師会館、鹿児島  
2016年
4月16日
PED(網膜色素上皮剥離)の2症例
(川野浩輝)
第6回 Kagoshima Macula Conference 城山観光ホテル、鹿児島  
   

学会発表

論文

診療時間

月・水・金
9:00~12:00 14:00~17:00
火・木・土
9:00~12:00
〒895-0023
鹿児島県薩摩川内市横馬場町6-3
TEL:0996-23-3336(代)

スタッフ紹介 季節ごとに コメントを更新! 翼状片のセカンドオピニオン